陵辱学園小説



「んっんっんっ」

机の下では蘭が奉仕をしている。
あれから数日、蘭を奴隷にした俺は調教を行い、男を喜ばせるテクニックを仕込んでいた。

「んっんっんっ」

蘭は俺をイカせなければお預けだ、と言う言葉を聞き必死で頭を振っていた。
しかし、テクはまだまだでときたま歯が当たる。

「っ!!」
「ごめんなさいっ!!」

体をビクッとさせ謝る。

「気をつけろと言ったろ?」
「すいません…まだ慣れなくて…」
「だから教えてやってるんだろ?
さっさと咥えろ。」

蘭の頭を持ち、喉の奥まで犯していく。

「んぐっがっぁっ!!」

苦しそうに悶えながらも必死に耐えている。

「出すぞ!!
飲めよ!!」
「あ゛っんぐっぐっ」

蘭は嬉しそうに喉の奥深くに出された精液を喉を鳴らしながら飲み込む。

「これで…入れてくれるんですよね…?」


続きを読む
[無料登録で続きが読めます



おすすめ体験談イ
§R18指定文庫§
鬼畜☆書房
甘い秘密
陵辱R
SM少女






巨乳を貪り尽くせっ
過激ムービー



ハルヒがみんなに輪姦されて汚されまくり

ザーメンまみれの雌豚ハルヒ




0/1
83748

サイト運営者MENU
[サイト登録規約]
[サイト新規登録]
[登録変更・削除]

t陵辱学園小説

[管理]


-RAnk NAtion-